脱毛するだけじゃない!脱毛器の効果

業務用脱毛器でかゆみが出た際のケア

業務用脱毛器でかゆみが出た際のケア 業務用脱毛器でお客様にかゆみが合った時には、通常は新しく毛が生える時は多少はかゆくなるときがありこの場合は問題がないですが、赤くなっているときは冷たいタオルなどでクールダウンを行う、しっかりと保湿を行います。脱毛後から2日以上経過しても赤みやかゆみが続くときには皮膚科専門医へ相談します。
業務用脱毛器を使ったあとは肌は炎症を起こしやすく、おこなった部位の保湿が大変重要です。
大体はお手入れの後にサロン独自の用意しているローションなどでトリートメントケアを行いますが、その後もお客様自身にもしっかりと保湿をするように勧めます。
保湿を十分にすることで乾燥を防いで肌を健やかに保てるだけでなく、皮膚を柔らかく保つことで埋もれている毛も出やすくなり脱毛効果も高まります。
お客様の自宅では持っているクリームやローションで良いですが、敏感肌用のローションや乳液の方が良いです。化粧水をつけてからミルクローションを塗ると効果が高まります。これも予めサロンで用意しておくと安心です。
腰回りやヒップ、腕や脚など脱毛をする部位は全て保湿の対象になるので、十分に注意して行います。

業務用脱毛器を使用した後にかゆみが発生する原因は

業務用脱毛器を使用した後にかゆみが発生する原因は エステやクリニックでは、業務用脱毛器による施術を受けることができます。効果が高いとして人気がありますが、ただ施術を受けた後にかゆみが出たと悩む人もいるようです。
なぜかゆくなってしまうことがあるのか、原因として肌の乾燥が挙げられます。業務用脱毛器は効果が高い一方、肌のバリア機能を破壊してしまう短所も秘めているのです。バリア機能は皮膚に潤いを留める役割も持っていますが、それが破壊されてしまうことで乾燥をしやすくなり、その影響でかゆみが出てしまうことがあります。
これは珍しい症状ではなく、よくある肌トラブルですが、適切なケアをすることで防ぐこともできます。
大切なのが施術を受けた後に、しっかりと保湿を行うことです。施術後は潤いが逃げやすくなっていることを理解し、ローションなどを使って水分を与えてあげるようにしましょう。
なお、バリア機能が低下しているところ、刺激のある化粧水を使うと、それもまたかゆくなる原因ですので注意が必要です。